Hurser Tekinoktay
あるところ
フ ットボールのヘッディング
___________________________


2002 年の世界のコップ は私達にフットボールの未来の考えを与えた。特に米国, 南朝鮮 及び日本は最近物理的な努力を知っているなった世界の有名な国 民のチームポルトガル, アルゼンチン及びイタリアに対して巧妙 だった。もう一つの版は24 年後の世界のコップのブラジル見られ た1970 年の達する選手権だった。物理的な力の1970 年の世界の コップの後でチームは技術的な技術とのそれらに成功していた。 彼らが外国で遊んでいる国民のチームのための彼らのプレーヤー を誘ったときにこれはブラジルによって発見された。

チ ームを及びこれブラジルに米国1994 年の世界のコップを持って来 , 結合したこれはそれらの最後3 の世界のコップ2 でチャンピオ ンと1 秒を続けた後上プレーヤーは物理的な力へのヨーロッパそ して変更の国民のチーム技術的な力でされた特に Careca, Romario, Dunga 。米国, 南朝鮮及び日本(近い将来オー ストラリア, ニュージーランド) 物理的なエネルギーと高度十分 で成功のための将来であつてはなりません。特に最後の世界のコ ップにこの性質のチームはまたフットボールのために巧妙必要と する技術的な技術をでなかった。

極東とヨーロッパ人の 国が同じをし始める場合の既に物理的な, 技術的な技術の驚異が あるかだれがブラジルいかにこの効果のフットボールの未来にか .

競争に置くために主要な主義へこれらを暴露してい るトレーナーのための重要な事。物理的な, 技術的な技術を持っ ているプレーヤーを持つ増加するチームがとこの変更を合わせる ことないそれらを競争に達しないことを未来の年は見る。

hurser@hursertekinoktay.com